インカムゲイン(賃料収入)を得る

不動産の運用には、キャピタルゲイン(売却益)とインカムゲイン(賃料収入)がありますが、現在の日本の不動産においてはキャピタルゲインを得ることはなかなか難しいですよね!

そこで、保有する物件が債務超過の状態(不動産価格<借入残高)であっても、賃料収入を得てローン返済を行っておけば、ローンを完済(減額)することはできます。

 
そして、債務超過でなくなった時点(不動産価格>借入残高)で売却することによってキャピタルゲインもしくは残債完済後のキャッシュを得ることが可能になるのです。
 
これは、デフレ状況下であっても超低金利時代だかできる資産運用のひとつといえるでしょう。
 
 実際の物件を例にとって、「不動産価格と借入残高の推移」を
グラフにしてみましたので参考にイメージしてみてください。
(注)不動産価格は、あくまでも想定の価格です。