空き家借上げサービス


空き家を所有する方にとって、空き家の運用・処分方法は大きな悩みの種となっています。賃貸で運用するにもリフォーム費用が必要。処分するにも解体費用が必要。

今まで、何の不安も無く空き家を所有していたのに、平成27年2月26日「空家等対策特別措置法」が施行されて以来、空き家を所有する人たちの環境は大きく変わりました。

プロブレーンでは、空き家の活用について研究を重ね、空き家所有者の資金負担を軽減した【空き家借上サービス】をおこなっています。



平成25年、国土交通省住宅局がおこなった空家実態調査集計(総務省「住宅・土地統計調査」に基づく)によれば、空き家を【賃貸・売却する上での課題】として、3割弱の方がリフォーム費用が課題と考えています。

また、【空き家にしておく理由】についての質問に対しては、「賃貸する期間」や「賃貸に対する不安」、そして「賃貸するためのリフォーム費用」が割合多い理由になっています。


以上の「空家実態調査集計」をみてみると、空き家所有者が空き家を活用するためには「リフォーム費用」や「賃貸に対する不安要素」を解消しなければならないことがわかります。

同時に、空き家の社会問題に対しても「スクラップ&ビルド」から「ストック活用」を推進していくことが、空き家数を少しでも抑え、地域に外部不経済を及ぼさないようにするために必要なことです。


空き家借上サービス
空き家借上サービス

空き家を賃貸するために必要な「リフォーム費用」や「賃貸借期間中の様々な不安」は【空き家借上サービス】により解消いたします。

「空き家の活用をご検討の不動産オーナーの方」、そして「ストック活用に関心のある入居者の方」および「地域の活性化を真剣にお考えの方」の期待にお応えするため、今後随時サービスエリアを拡大してまいります。ご関心ございましたらお気軽にご相談くださいませ。


【参考】総務省「住宅・土地統計調査」 平成25年10月1日現在

総住宅数及び総世帯数の推移
総住宅数及び総世帯数の推移
空き家数及び空き家率の推移
空き家数及び空き家率の推移
総住宅数の3大都市圏別割合
総住宅数の3大都市圏別割合


アットホーム引越し見積もり